地域アートイベントの開催・運営。

震災後の福島県相馬で、地域アートイベント『相馬田んぼアート』を開催・運営しています。田植え・稲刈りという作業を、参加者の協働でおこなう。このプロセスを通じ、地域内外の人々はこの地域への理解をふかめます。

オリジナルビールの開発、東京からのバスツアーの開催、プロジェクションマッピング、米の販売、グッズ制作、クラウドファンディング。たくさんの活動を、すべて有志によって運営しており、それぞれが専門性を提供しています。

ここでは特に木村が強く関与している、印刷物や広報資料等にしぼってご紹介します。

相馬田んぼアート 新聞折り込みチラシ

折込チラシは、ワークショップのような、メンバーによる共同作業によって編集されました。一年間の相馬田んぼアートの活動を、わかりやすく紹介しています。木村覚はこの成果を印刷物としてデザインしています。折込チラシのサイズですが、折りたたむことで小冊子にもなるたのしい形式になっています。

相馬田んぼアート 通年チラシ

有志による活動ですから、予算には常に苦労があります。イベントを紹介する年間チラシもできるだけコンパクトな予算で、親しみのある印刷物を目指しています。同時に、相馬田んぼアートにはプロジェクションマッピングなど、ちょっと「とがった」面もあります。この活動ならではの個性を、印刷物からも伝えたいと考えています。

広報のための動画も、基本的にスマートフォンで撮影・編集。予算をかけない制作をしています。(一部ドローンを使用しています)

看板のデザイン、印刷手配、設営も手作りです。